福岡のベンチャー企業、株式会社ホープの人事ブログです。社内のありのままを発信しています。

人事担当者が『何 者』を観た話。

 

 

今の就活のリアルを学生視点でもっと知りたいなーと思って、
映画『何者』観てきました!
人事のタナカでっす!

 

明日、単独説明会やでしかし!

予約人数約300人やでしかし!

過去最大規模やでしかし!

 

ワクワクするでしかし!

 

 

 

 

 

 

いやぁ、良かったね!
面白かったですよこれ。
あんま書くとネタバレとかなるんであれですけど、
すごい生々しい就活のリアルを感じました。笑
物凄い抽象的で自分で書いててウケたわ

 

僕もまだ就活やってた時の感覚とか覚えてるんですけど、
就活って大変じゃないですか。心折れそうなときもあるじゃないですか。
世の中に会社ありすぎて、どこが一番自分にとって合ってるのかわかんねぇよ!
っていうのが就活生の正直な気持ちだと思うんですよね。

いざ、面接ってなっても、
あなたの事を1分以内で表現して下さい。」とか。
そりゃ、みんな似たり寄ったりな上辺だけの面接になりますよ。

「いや、1分以内て。笑」みたいな、ね!笑
(ホープはさすがに1分はないですけど。笑
まぁ、端的に説明する力は必要でしょうね。どの会社でも。)

 

高校まで抑圧された環境でとにかく詰め込みで勉強して(させらて?)、
大学になって自由になれたことが嬉しくてとにかく遊びまくる。

人によるとは思いますけど、
大学っていっても、振り切れた体験とか挑戦する人はごく一部で、
大半の人が友達となんとなくつるんで、遊んで、飲んで、試験前に勉強してっていうのが本当っーに
一般的な日本の大学生だと思うんですよね。

そんな環境の中で、3年生になって急にスーツ着て、就活スタート!
はい、自分の人生決めて下さーい!」って言われても・・・・・

今まで散々遊んできて、就活のために大学生活送ってきたわけじゃないのに、
「学生時代何をしましたか?」
なんて聞かれても、、、「遊んでました」としか出てこないよ。。。。

っていうのがほんと、一般的な人のリアルなとこだと思うんですよ。
ボク個人の意見としては。ね。笑

 

だからこそ、面接では出来るだけ自分を良く見せようと、
普段使わない言葉を使ったり、
自分の体験談をドラマチックに盛ったり。

そんな風に造ってる自分を家に帰って鏡の前で見ると
「俺、なにやってんだろ。。就活ってなんなんだろ・・・」
てなるともう訳わかんなくなる負のスパイラル。

周りの皆は段々と内定が出はじめて、
まだ内定のない自分は焦りはじめる。

ゴマンとある企業の中からようやく「この会社だ!」ってとこを見つけたと思ったら、
そこから不採用の通知。

自分はどうすればいいんだろう。

「就活って、自分の人生がかかってるのに、
なんでこんな短い期間で決めなきゃいけないんだろう。」

わかります。
そう思うよね。。

 

だからこそ、僕たちは5次選考まで行い、
ひとりひとりの考え方をじっくり聞く採用を行ってます。

 

僕はホープから内定の電話が掛かってきた時、
家の横の公園で雨の中、傘を差してました。(ずっと電話待ってたの)

そこで内定の連絡をもらったときの、
泣くほど嬉しかった気持ちは今でも覚えてます。

s__4038732
(これ、その公園です)

 

自分は何者なんだろう。
と苦悩ながら就活している中、
説明会でこの会社だっ!て思ってたとこから、
「採用です。これから君の力を貸してください。一緒に会社を大きくしよう。」
って自分が尊敬する人から言われた時の、全てが肯定された気持ち。

だからこそ、今、人事として会社の仲間集めをしているのが最高にやりがいを感じています。

この映画『何者』、
今の学生だからこその気持ちや苦悩、困難、
そして改めて自分がしている仕事の重要性と責任を感じることの出来た素晴らしい一本でした。

是非、多くの社会人・就活生に観ていただきたい映画です。
※記事広告ではございません。笑

 

そんな人と真剣に向き合う
株式会社ホープですが、

現在、第二創業というフェーズで、
新卒・中途採用を絶賛積極的に行っております。
特に中途採用すごい勢いでやってます

仕事で成長したい方
少しでもご興味あれば是非、ご連絡ください。

 

マイナビ転職(ホープ)
http://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-127903-1-2-1/msg/

 

電話:092-716-1407(人事直通)
mail: welcome@zaigenkakuho.com
人事:タナカ、スギヤマ

お、この記事いいね!
と思ったら