ありのままのホープっす。

この時期の山は寒ぃでごぜえますよ。

こんにちは!

18新卒説明会が始まりだして、

慌てた時のドラえもんばりにハラハラしてます、人事のタナカでっす!

 

 

先日、チームメンバー同士で山登りにいった記事で、

 

 

 

 

オレ誘われてない。

 

 

 

 

 

 

 

という捨てゼリフを残した私ですが、

 

 

 

 

遂に行ってきましたよ。

 

 

 

山にね!

 

 

 

元々、私、ホープ登山部だったんで、

まぁ登ってたんですよ。山に。

 

 

 

こんな感じで皆でワイワイやってたんです

 

 

この登山部、まるですれ違う男女のように、

自然消滅しましたが。笑

 

 

 

そう!だからですね、1年半ぶりくらいの登山だったんで、

私、そりゃもう楽しみにしてたんですよ。

 

 

 

9:00に天神の某画面前に集合になってたんで、

8:50にはスタンバってました。

 

1時間半後

 

 

やってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

登山部、代表取締役の津江野クン

なんと先輩後輩4人を1時間半待たせ、

凄まじい社長出勤をしてくれました。

 

 

 

 

 

 

ただただ申し訳なさそうにする登山部取締役。

 

 

ここまでくると謝罪が潔すぎて気持ちいですね。

 

 

その甲斐あって、

みんなに温かく迎えられる登山部取締役。

 

 

 

ただ、1年目の谷口クンからは冷ややかな視線を浴びてました。

 

 

「この人マジかよ。」の顔ですよね、これ。笑

 

 

 

気を取り直して登山部取締役自ら率先して歩きますが、

どこか淋しげな背中です。

 

 

 

1時間半という、もはや映画一本観れるでしかし、

の大遅刻を後悔される登山部取締役。

 

 

 

 

 

 

ところが、

「電車に乗ってしまえばこっちのもんです。」

でハシャギまくる津江野。

 

 

 

地元の”田舎ヤンキーの自転車ハンドルあるある”

で盛り上がる二人。

 

 

 

そんな二人を温かく見守る最近入った中途の仲間^^

 

 

 

 

 

 

 

着きました。

 

都心から電車で40分の大自然。

 

 

 

 

 

木漏れ日が美しいですね。

木々たちが喜んでいるのが手に取るようにわかります。

 

 

 

津江野クン、道に迷ったか、

モトクロスの人に道を尋ねます。

 

 

 

進路を間違ったみたいです。

 

やはり遅刻明けはイマイチ調子が出ません。

 

 

 

気を取り直して再出発です。

 

 

いやぁ、それにしても、

自然が美しいです。

 

 

これなんか映画『レヴェナント』で出て来る景色みたいです。

 

 

 

 

こんな感じで登って・歩いて頂上を目指します。

 

 

徐々に険しくなってきました。

 

 

素晴らしい渓流ですね。

 

 

ひと休みして気合を入れ直す津江野クン。

ようやく本調子になってきたみたいです。

 

 

 

中途入社2週間目の錦織さんも良い感じにテンションが上がってきました。

 

 

ぬお!!

段々と雪が目立ち始めました。

 

 

後ろはこんな感じで付いてきてます。

 

 

 

OMG!!!!!

 

雪パネェ!!

 

てか寒いわ!!

 

 

 

雪を前にハシャギだす1年目タニグチくん。

 

 

 

 

ふかふかの大自然を肌で感じる3人。

 

 

 

 

 

 

そして登ること30分

 

 

落ちる落ちる落ちる!!!

滑るってー!!!

 

 

 

そんな様子を上から楽しむ登山部取締役。

 

 

そして、天罰が下ります。

 

 

 

派手にこけてくれます。

 

 

そして遂に、、、、

 

 

 

 

登頂ーーーーー!!!!!!

 

 

 

フゥ~~~~~~~!!!

 

 

 

というか、、

 

なんだこの景色!!!!!

 

 

 

 

 

OMG—–!!!!!!!

 

 

沖縄かよ!!!!

※糸島市です。

 

 

 

 

山頂で満面の笑みを浮かべる錦織氏。

 

 

氏曰く、

福岡に移住してきて良かったです!

 

とのこと。

 

 

 

EXTRA LARGEというハイセンスなスウェットを着こなす

1年目タニグチくんも嬉しそうです。

 

 

 

皆で山頂で食べたおにぎりは

たまらなく美味しかったです。

 

 

 

私たちは険しい雪の残る山を登ってきました。

 

そう、今度はこれを下りなければいけません。

 

 

「山は登りよりも下りの方が危ないですよ!」

と我々を叱咤激励する登山部取締役津江野氏。

 

 

 

最早、ネタの如く派手に転んでくれました。笑

 

そして地味に後ろでタニグチくんが足をグねってます。笑

 

 

 

 

下山途中、大木に抱きつき、

自然を感じる登山部取締役。

 

 

さすがです。

 

 

 

一歩退くと物凄いシュールな画ですね。

 

 

下山途中に津江野氏が語っていましたが、

 

登山は淡々と登るだけじゃなく、

普段職場では話さないような話も先輩や後輩と出来るんで、

これって最高のコミュニケーションツールですね。

 

 

ですって。

 

 

そう、それは私も感じました。

 

やはり普段職場では見えない表情や、

忙しくて出来ない話も、山登りを介して、

自然の中で仲良くなれる良い機会だと思います。

 

 

なんで休みの日にわざわざ

山登りで疲れなきゃならんのだ。

 

という方こそ、

 

騙されて一回登ってみてください。

 

本当に気持ちいいから^^

 

 

 

お、この記事いいね!
と思ったら